現時点での当塾の人間原論

和真認知楽習塾塾長 福井和彦

 2019/09/07初版 2020/04/25改訂


 私自身は西洋医学の正規の医科大学を卒業し、医師国家試験に合格し、日本国の医師免許を取得し、現在精神保険指定医や認知症サポート医となり、勤務先、医師会、行政などでそれぞれに活動の場を与えられており、活動しております。基本的な考え方は西洋哲学から出発した科学的思考であり、その応用、具体的方法を用いて、世の人のお役に多少なりとも立てたら幸いと思っております。

 現行の医療制度、保健医療の枠の中で活動しておりますが、人間に対する学びは「たくみの会」に依るところが大きいと言えますか、自分がそれまで医学を学び、実地臨床で、人間関係で、悩んできたこと、理解不十分であったことが、「たくみの会」で学んでなるほどそういうことなんだと自分としても大変合点、納得が行き、応用も可能なので、人間の大原則、原理を学ぶ場、即ち、人間原論を学ぶ場と認識しております。

 学ぶ事と理解する事と実践することはそれぞれ別の次元の事と考えます。

私自身、医学を学びその中で、そのお蔭で、学びやすいこともありますし、逆に専門的な制度の元で、盲目的になり、見えるのに見えなくなっているところ、人間に関しても勘違いして居着いてしまっていること、理解していないことも多々あると思います。

 しかしながら、これまで学んで来たことで、現時点での私なりの理解を私なりに表明しつつ、それを元にさらに学習の指標にして行きたいと思います。これから以下に述べること、記載する事はたくみの会の人間に関しての学びが元になっておりますが、あくまでもそれは私の理解の元にアウトプットしたものであり、たくみの会あるいはこれまで学んだ天風会からはじめた武術関連(システマ、八光流豊和会)、臨床動作、教育動作その他の教えそのものではないことをあらかじめお断りさせて頂きます。


和真認知楽習塾人間原論




  • 医療とは、治療とは? 付け足し依存、楽して廃用。認め受け入れ、引きだし、活用してこそ治療であり医療。

  • 自立、自尊、自己責任は、介護士、理学療法士、作業療法士、看護師、医師、その他特定の業種、職種、立ち場により変わる?

  • 疾病と病気:例え病であっても気持ちまでそれ以上病ませない。疾病は疾病で、さらに病気になり、病人になる必要はない