意識体 conscious body

人間について About human being


人間という存在について考えてみるにあたり、まず、対象物、存在について分類して見たい。

我々は通常五感といわれる感覚を用いて外界を知覚、認知している。

その中に感覚器のうち味覚、嗅覚を除いた視聴触覚の三感覚器による対象物、存在を分類してみる。

その分類図は下記の「三知覚要素による分類」通り八通りに分類される。

例えば、雷は通常は触れられないが見えるし、聞こえる。一方虹はやはり触れられないし、聞こえないが見える。この三感覚器官により知覚、認知出来る対象物(存在)もある。がこの三感覚器官では知覚、認知出来ない対象物もある。

点、線、面、時、円、球、情報、人間関係など、触れられず、見えず、聞こえない。さらには味わえない、匂わない。生体の感覚器で直接、直には知覚出来ないが認知出来るもの、存在がある。

点は位置はあっても幅も長さもない。概念、コンセプトである。

0(ゼロ)も1(いち)も∞(無限大)も。

現実、自然界には存在しない。が、無いわけではない。それぞれの概念がある。一個一個のリンゴは皆違ってもリンゴという1つの概念、言葉がある。

すなわち、言葉は概念であり、存在である。

 

感覚に基づく存在:実在的存在

 

思考による存在 :概念的存在

即ち、人(one)も、肉体という実際の存在もあるが、概念としての人間(human being)も存在する。そして、人間には、実際の血液が流れる血液循環もある。さらに中枢神経では髄液循環もある。重さの通る身体の流れるラインとしてはインナーライン、アウターライン、さらには、東洋では丹田、胆(はら)、陰陽、経絡、ツボなどの概念もある。

見えもせず、触れもせず、聞こえもしないが概念、言葉があり、存在する。

しかも、恐ろしいことに、素晴らしい、不思議なことに、その概念を情報、知識のみでなく、感覚を開き、知覚を錬っていくと、実際にその存在感が増してきて意識的にも扱えるようになり、力を発揮出来る様になる。

 

実際の身体の感覚、知覚、認知と行動を通してその体験、記憶を積み上げて意識を明確に形成していくと、重さの流れを水の流れのように感じられ、活かせるようにもなる。地天人のありようで、手の接触部から足裏の地球に相手の圧、重さを享受し、伝え、さらに地球からの反作用を活かせる様にもなる。最初は実際の身体の部分部分を経由したラインであるが、それが知覚出来るようになれば、胆と掌の一点と一点を結ぶ、胆と労宮あるいはVラインに直接意識で繋げられる。そして、意識ライン conscious lineを自在に設定、認知出来て来る。

認知、思考するがゆえに存在する。

 現代の科学に基づけば、我々人間は地球という磁界の中で、準静電界を形成しており、それを利用したコミュニーケーション、ネットワークも構築している(参照:1.発電器としての身体 2.検知器・変換増幅器としての頭と身体)。そして、接触していても伝搬するが、電磁波は時空を介しても伝わるし、意識ラインも、自分の胆と掌(湧泉、Vライン)のみならず他の身体部分、さらに理論的には身体外にも設定出来そうである。対象の人間と胆と胆の意識ラインでつながる感じも可能となる。知覚を認知の側から迎えに行き、これまでにない感覚を錬っていくと、たくみの会での影(残した意識)をつかませたり、実体の気配を消すことも出来ることは見聞している。

 

すなわち、肉体としての身体、人のみではなく、感覚、知覚、認知、行動が循環し、蓄積して意識として形成された非実在の存在の意識ライン、意識体が存在可能であり、利用可能である。また、その意識した胆をさらに練り、ほんの少し意識を動かせば、体が自律的に自立して仕事をしてくれる。

正しい知識の元、人間を正しく認知し、現状認知も正しければ、当然の結果が起こる。人間は思っていた以上に自由度の高い意識体である。であるがゆえに、自分自身に対する人間存在そのものも自分で自由に形成出来る。錬る。考える。思考する。

 

人間は学習し、思考し、思考シフトし成長し続ける存在である。


人間についての和真認知学習塾のとらえ方

・ 筋肉から身体・人間を見直す

・ 検知器・変換増幅器

・ 意識体